長時間寝る人と短時間寝る人

このエントリーをはてなブックマークに追加


非公開求人をのぞいてみる
大学病院と総合病院の看護師の求人募集
エンジニアの非公開求人を探す

長時間寝る人と短時間寝る人

「私は3時間も寝たら寝起きバッチリで問題無い」と得意げに話す人をたまに見かけるのではないでしょうか。エジソンやナポレオンのように、3時間くらいの睡眠しかとらずに偉業を達成した人達もたくさんいます。短時間で十分な睡眠を得る事ができるなら、自由な時間が増えて羨ましいと感じますね。短い時間で満足のいく睡眠を得る事ができる人と、いくら寝ても寝たりない人ではどういった違いがあるのでしょうか。

睡眠時間は人によって長短があるということが、はっきりした理由は解明できていないですが、あるという事が言われています。ある研究機関が発表した資料をもとに、睡眠の長短について傾向を見ていきましょう。短い時間の睡眠で、快適な寝起きを感じる事ができる人は、ノンレム睡眠が長く、レム睡眠が短いという睡眠サイクルで眠っているそうです。その中には、眠ってすぐから起きるまでずっとノンレム睡眠状態で、最初のレム睡眠が始まるとすぐ目が覚めるという人もいます。そういった人たちの傾向として、体温が低く、血圧が高い。食欲が盛んで、排便や排尿の感覚が短い人が多いということです。おおらかな性格が多く、外交的で社交性が高く、ちょっと攻撃的な面が見られるという事です。

逆に、長時間睡眠の人は、レム睡眠とノンレム睡眠の繰り返しが、3~4巡目ほどした時に気持ちの良い寝起きで目覚める事ができます。長い人は、9から10時間も睡眠をとる必要があり、夕食を食べるとすぐ寝てしまう人もいます。そういった人の傾向としては、性格は細かく、幸せを感じやすい反面、悲しい事を長く引きずってしまいがちです。内気な感じで優しい人が多いそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


非公開求人をのぞいてみる
大学病院と総合病院の看護師の求人募集
エンジニアの非公開求人を探す